サイトマップリンク楽しむ!地デジ・BSデジタル放送


地上デジタル放送の視聴方法

楽しむ!地デジ・BSデジタル放送 > 地上デジタル放送の視聴方法

地上デジタル放送の視聴方法

デジタル放送の視聴方法って知っていますか?最近、テレビを購入した人であれば問題ないかもしれませんが、ブラウン管のテレビを使い続けている人は結構知らない人が多いと思います。

現在アナログ放送を視聴している人は、そのままでは視聴できません。ではどのようにすれば視聴できるようになるのでしょうか?ここでは地上デジタル放送の視聴方法について、テレビやアンテナ、放送エリアなど分野にわけて紹介していきます。

地上デジタル放送の特徴

Panasonic VIERA 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ TH-37PX70

地上デジタル放送は地上波であるため、地域によって番組数や開始時期が違っています。特に開始時期が違うため、現在のところすべての人が視聴できるというわけではありません。ただ2011年7月にはアナログ放送が終了するため、それまでには地上デジタル放送が受信できるようになっているはずです。

地上デジタル放送の特徴はBSデジタル放送の特徴とほぼ同じと言えます。高画質・高音質で楽しめるだけでなく、簡単に予約や録画できたり、テレビ番組ガイドが利用できたりするなどです。

その中でも地上デジタル放送が開始されることでの一番のメリットといえば、ワンセグではないでしょうか。ワンセグは地上デジタル放送の受信エリアであれば利用することができます。特に携帯電話でワンセグ内蔵のものが普及している今、地上デジタル放送が楽しめるワンセグが大きな特徴といえるでしょう。

地上デジタル用アンテナ

現在、地上アナログ放送を見ている人はどのようなアンテナを使用しているのでしょうか?屋外用のアンテナの人もいると思いますし、室内用のアンテナの人もいるでしょう。では、地上デジタル放送ではそのまま使用できるのでしょうか?どのようなアンテナであればそのまま使用できるのか、新しく購入するならどのようなアンテナが良いのか紹介します。

地上デジタル用アンテナ

地上デジタルチューナー

地上デジタル放送のチューナーは、最近テレビを購入した人であれば内蔵されているものも多いはずです。しかし、内蔵されていない場合は新しくテレビを購入しなければいけないのでしょうか? そんなことはなく、他にも視聴する方法があるのです。チューナーをどうすればよいのか、紹介します。

地上デジタルチューナー

地上デジタル放送とテレビ

ブラウン管テレビと液晶テレビ、プラズマテレビではどのような違いがあるのでしょうか。また、現在使用しているテレビで地上デジタル放送が楽しめるでしょうか。ブラウン管、液晶、プラズマの3種類のテレビの特徴や、現在使用しているテレビでどの程度楽しめるかなどを紹介します。

地上デジタル放送とテレビ

地上デジタル放送とエリア

地上デジタル放送が開始された時期や放送エリアの確認について紹介しています。自分たちの地域は今現在見ることができるのか、見ることができないならいつ頃見ることができるのかを確認してみてください。

地上デジタル放送とエリア

地上デジタル放送の接続例

地上デジタル放送を見るための接続方法について紹介しています。今使っているテレビや、今後買うテレビはどのように接続すれば地上デジタル放送が楽しめるのか参考にしてみてください。

地上デジタル放送の接続例

▲ページの上に移動