サイトマップリンク楽しむ!地デジ・BSデジタル放送


デジタル放送の双方向

デジタル放送の双方向

デジタル放送にすることで楽しみ方が増えたといえる、双方向サービスについて紹介していきます。双方向サービスを利用することで今までよりもテレビをより楽しむことができる可能性を持っています。このページでは、
デジタル放送を楽しむための双方向サービスについて紹介していきます。

双方向サービスとは

双方向サービスとは番組側と視聴者側がお互いにやりとりができるサービスです。現在のところクイズ番組やテレビショッピング、天気予報などのサービスがあります。この双方向サービスの魅力は番組に対してリアルタイムに反映させられる点があります。例えば、天気予報など自分の地域の情報だけを得ることもできるようになっています。

双方向対応クイズ番組

双方向サービスの中で一番魅力的なのが、双方向対応クイズ番組ではないでしょうか。この双方向サービスを使うことで、日本中の視聴者が参加者になることができるようになります。

2006年度のBSデジタル放送では、にっぽんのマジョリティーという番組がありました。この番組は双方向サービスを利用して、視聴者の意識や意見を集めます。その結果、一番多い意識や意見は何かというクイズを出します。これには、正解は決まっていません。視聴者の意識や意見が多いものが正解となるわけです。

生放送となっており、自分も意見を送信することで、実際にその場で参加している気分を十分感じることができる番組となっています。 このような新しい双方向のやり取りができる番組ができるのがデジタル放送の魅力となっています。

双方向サービスに必要なもの

電話回線ただ双方向サービスには電話回線の接続が必要になっています。この電話回線は番組への送信の場合に必要になります。一回の送信は全国一律の10円です。

つなぎっぱなしにはならないので、月額が多大なものにはならないはずです。将来的には別なものに変わり、料金も気にしないものに変わるかもしれません。

天気予報などの受信のみの場合は、特に電話回線も必要ありませんし料金もかかりません。そのため電話回線がなくても、双方向サービスを楽しむことができるようになっています。

▲ページの上に移動